MENU

髭の永久脱毛をするには、何をすべきか?

<髭の永久脱毛・概要>
髭の永久脱毛をするには、毛根を完全に破壊する脱毛方法を選択することが必要です。エステサロンでも脱毛をしていますが、採用しているのは光脱毛です。フラッシュなどの光は、光を照射して毛根へと働きかけます。ダメージを受けますのでムダ毛は抜けて少なくなっていきます。ただし毛の生える元は残っていますから、体毛は再生します。つまり毛量を減らしていくことは可能ですが、永久性のある脱毛をすることはできないのはエステ脱毛の方法です。

 

永久性のある脱毛を求めたら、医療機関での医療脱毛をする必要があります。またクリニックでの利用脱毛に失敗しないためにも、注意をすることもあります。脱毛に通う期間は、絶対に日焼けをしないということです。顔は太陽の紫外線を浴びやすいパーツですが、紫外線を浴びて日焼けをすると、脱毛の効果が低下しますし、場合によっては日焼けをしたら、脱毛ができなくなるので注意をする必要があります。UVカットのクリームなどを顔には塗るようにしましょう。

 

医療レーザー脱毛の仕組みは、黒い色をしたメラニン色素に、レーザーが反応をして毛乳頭などの組織を破壊します。エステサロンの脱毛のように、軽いダメージを与える方法ではなく、強力なレーザーは破壊する力があります。壊れてしまうのですから、そこから毛が再生をすることは、永久的に不可能ということになります。この特異性を活用した方法であり、永久性がある脱毛を実現化するものとします。しかし毛の黒さは必要ですが、肌が黒いのはよくありません。

 

レーザーは毛の黒いメラニン色素に反応しますが、日焼けをしたら肌の黒い色にも反応をします。レーザーは肌の黒色と、肌の日焼けをした黒い色の識別はできないです。そのため日焼けをした素肌に、無理にでもレーザー照射をしたときには、皮膚には火傷を負うリスクが高くなります。出力設定を低くして照射をしたとすれば、出力が低すぎることで、こんどは脱毛の効果が弱くなります。もし日焼けをした場合は、肌の色が戻るまでは脱毛自体はお休みになります。

 

髭の永久脱毛を受けることになったら、肌の保湿管理を徹底しないといけません。男性は毎日のカミソリシェービングで、シェービングローションやクリームを使いますが、脱毛を始めたらスキンケアは、これまでの倍はする必要があります。医療脱毛でのお手入れは、熱を内側にこもらせることになります。肌は激しく感想をしますので、毎日のようにローションや乳液でのスキンケアを、朝晩徹底して行うようにしましょう。

 

 

髭の永久脱毛はクリームで可能なのか?髭抑制ジェルでは?

清潔な男性を好む女性が増えているため、今は男性も意識して清潔さをアップする必要があります。しかし、髭が濃い男性の場合は、丁寧にシェービングを行っても青髭になってしまうので、どうしても不潔な印象を女性に与えてしまう可能性が高くなります。そのため、濃い髭に悩んでいる男性は脱毛することをおすすめします。脱毛するにはいくつかの方法がありますが、できれば自分で永久脱毛してみたいという男性もいるでしょう。プロの施術は効果的ですが、それなりに費用と時間がかかるため躊躇している人もいると思います。
男性用の脱毛クリームや髭抑制ジェルに興味を持っている人もいると思います。クリームは剃った場合に比べて肌への負担を抑えながら髭を脱毛できますが、それでも肌荒れの原因になりかねません。また、クリームでいくら脱毛しても、髭を再生させる組織にダメージを与えることはできないので、永久脱毛効果を得ることは不可能に近いといえます。
髭抑制ジェルも人気のある商品です。髭剃り後の肌に塗布すると、再生を遅らせながら少しずつ髭を薄くすることができる効果が期待できるといわれています。イソフラボン等の女性ホルモン様物質を含んだジェルやローションもありますが、こうした商品をいくら長期間使っても、男性の剛毛の再生能力は強力なので、永久脱毛効果を得ることはとても難しいです。個人差があるので、100%効果が無いとは言い切れませんが、効率よくツルツルな顔になりたい男性にはおすすめできる商品ではありません。
体毛には毛根部に再生組織が集中していて、脱毛するにはこの再生組織にダメージを与える必要があります。そのため、現在のところサロンやクリニックで行われている施術を受けるのが最も効率よく脱毛できる方法です。家庭用脱毛器の中にもサロンやクリニックの方法を取り入れた製品がありますが、出力が弱いため効果を実感するのはとても難しいでしょう。男性の剛毛を効率よく脱毛していくには、やはりプロの施術を受けるのが最も安全で確実な方法といえます。

 

髭の永久脱毛完了までの費用〜クリニックとエステの合計料金の違いとは?

永久脱毛というと女性が行うものというイメージも強いですが、最近は男性もそうした施術を希望する人が増えています。
男性の場合もあらゆる部位の脱毛が行われていますが、特に人気が高いのが髭脱毛です。
男性は毎日のように髭剃りをしている人が多いですが、肌への負担は大きいですし、剃ったあとも剃り跡が目立つことで悩んでいる人は少なくありません。
それゆえに永久脱毛を行っておけば、毎日のお手入れもかなり楽となり、肌への負担も抑えられ、美しい肌を維持できるようになります。

 

そして、気になるのはその費用です。永久脱毛を行うというと、エステを利用する人、クリニックを利用するという人もありますが、施術内容は似ていてもそれぞれ違いがあります。
エステサロンの場合は光脱毛が行われており、肌に優しく痛みが少ない傾向にあります。
出力が弱いので髭が濃い場合は効果が出るのに時間がかかる場合もありますので、髭の濃い人は何回ぐらいで効果が出るか確認しておきましょう。

 

そして、クリニックで行われている医療レーザー脱毛はやや痛みが強い傾向もありますが、そのかわりパワーが強く、効果が早く出る、永久脱毛の効果が高いものとなっています。
一回ずつの施術はエステサロンのほうが安い傾向にありますが、そのかわり、パワーが弱いということもあり、完了までとなると、かえってクリニックより高くなる場合があります。

 

1回ずつの施術料金だけではなく、合計料金の違いもよく確認しておきましょう。
クリニックの場合は1回ずつの施術料金が高くても、通う回数が少なければ、完了までの費用はより抑えることができます。
さらに永久脱毛の効果が高いので、長期間効果を維持することもできます。

 

髭の濃さや毛質は人それぞれ違いがありますので、完了までにかかる時間も個人差があります。
そしてクリニックやサロンごとに価格は違いますので、まずはカウンセリングなどを利用して完成までどれぐらいの価格が必要かよく確認しておきましょう。
そして予定より長引いてしまった場合は追加で費用が発生するかも確認しておきたいところです。

 

髭の永久脱毛で失敗になる原因と保証について

髭の永久脱毛をするなら、保証のあるクリニックを選びべきでしょう。脱毛効果が思うように感じられないとか、毛が太くなったように感じたりしても、きちんとしたクリニックでは最後まで責任を持って対応してくれます。それは万が一の脱毛による肌トラブルでも同じことが言えます。脱毛をするにあたり、火傷などリスクは隣り合わせですので、クリニックではもしも肌トラブルを起こした時にも、医療での対処をしっかりとする保証をするのが基本です。

 

髭の永久脱毛で失敗になる原因としては、いくつかの理由があげられます。脱毛の基本にもなりますが、絶対にダメなのが素肌の日焼けです。男性は女性のようにメイクをしませんから、日差しを意識することも少ないでしょう。しかしレーザー脱毛の照射は強力であり、皮膚はとても日焼けしやすい状態となります。日焼けをすると医療脱毛ができませんし、毛周期も乱れますから、毎日のように顔の肌にもUVカットのクリームを塗る習慣をつける必要があります。

 

日焼けをするのがいけないのは、脱毛が遅れてしまうのもですが、無理に施術をしたら火傷をするからでもあります。医療レーザーは強力なレベルで照射ができますが、それは黒色のメラニンに反応する特異性が生かされてのことです。肌の日焼けはレーザーにとって、髭の毛と同じ黒いメラニン色素ですので、肌の黒い色にも同じように反応をします。だから日焼けをしたらせっかくの脱毛は遅れますし、無理矢理にでも施術をしたら、皮膚の火傷という失敗の原因にもなります。

 

ほかにも失敗の原因になるのは、脱毛に通う間に肌を乾燥したままにすることです。クリニックに医療脱毛をするために通う期間は、肌はとても感想をします。スキンケアで肌には、たっぷりの保湿をする必要があります。肌コンディションが良くなって、脱毛効果も良くなります。保湿は思っている以上に、永久脱毛の効果を左右しますので、徹底して保湿はする必要性があります。